8月22日からジャガイモの収穫が始まりました!

ポテトピッカーという収穫のための機械を整備し、収穫のための準備ができました。少しずつ作業にも慣れてきて、収穫のスピードも上がってくるかなというところです。

4月が来たときは耕作がされていない土地で、こうして収穫をするイメージは持つことができませんでした。

WFPに関わる方や地域の方など、いろいろな方にご教授をいただき、ここまでたどり着くことができました。

大きな自然の循環の流れのなかで、初めて農業は成り立つものだとも感じます。

収穫までたどり着くには一人の力でもできませんし、人間の力だけでもできるものではありません。

感謝の気持ちを持ちながら最後まで収穫に励んでいきます!