グリーンスローモビリティーGreen Slow Mobility


新たなモビリティとしての可能性を提案

地域住民の足として
観光客向けのモビリティとして
ちょこっと輸送
地域ブランディング 「地域の顔」として


ゴルフカートをベースに公道走行可能な認可を取得

グリーンスローモビリティ導入実証事業の対象車両エネルギーマネジメントの活用にも


これまでに無い開放感で、単なる交通手段を超えた存在に

アイディア次第で使い方は無限にひろがります
もちろんEVなのでクリーンで静粛
いままで走れなかった場所も走行可能に同乗者同士の会話もしやすく周囲の音もよく聞こえます

バッテリーIoT化

グリーンスローモビリティの開発に併せ、効率の良い充電・電池交換と車両状態に応じた最適配車を可能にする管理システムを開発中です。 プロトタイプとして、バッテリー状態と車両の位置情報をモニターするシステムを開発しました。


導入実績

グリーンスローモビリティ導入実証事業として、弊社で公道走行可能に改造したカートです。自治体側の要望にお応えして、助手席にポール型の手すり設置や、シートベルト、ドライブレコーダーの架装を行っています。

資料 (PDF)